プレゼントとヒラオカ宝石

私は、人生で初めて彼女にサプライズプレゼント送ることになりました。
なぜ、人生で初めてなのかを説明したいと思います。(別に初めての彼女というわけではないのです)
今まで付き合ってきた彼女には、誕生日やクリスマス、もちろんホワイトデーのお返しなどでプレゼントを購入する機会はありました。
しかし、今回の彼女は本当に私が結婚も視野に入れている彼女だったので、今までアクセサリーになんて全く興味も持ったことないのですが、ペアリングを身に付けたいとかんじるようになりました。
そこで、誕生日やクリスマスなどのイベントの日でない7月に、サプライズプレゼントを送ろうと思いました。
まず、ファッションにも疎かった私は、今どんなペアリングが流行っているのかや、どんなデザインのリングがあるのかもわからなかったので、ネットでひたすら検索しました。

彼女は、もちろん私よりもファッションやアクセサリーには詳しかったので、彼女に聞くのが一番手っ取り早いですが、今回はサプライズなので聞くことも出来ず、地道に調べました。
調べ始めてすぐにわかったのですが、特定のトレンドみたいなものはこのペアリングに関しては特になく、いろいろなサイトでは、「お互いにデザインが気に入ったものを予算内に買えばよい」というような意見しかなくて、とても困りました。

そこで、私は自身の頭の中にある少ないブランド名のピースを手繰りよせてみることにしました。
「ヴィトン」「グッチ」「エルメス」・・・いろいろ浮かんではきましたが、すべてハイブランドの名前ばかり、到底私には手も足もでません。
そんな中、唯一「ティファニー」のペアリングは、自分でも買えそうな金額でデザインの良いものがあったので、それを求めて銀座本店へ向かいました。

初めて入るブランドショップでドキドキしながら、店員さんに声をかけて商品名を告げると、その店員さんがその商品をショーケースの上に並べてくれました。
私は、「これを2つ下さい」と言うと、「サイズはいくつですか?」と聞かれて、「しまった!彼女の指のサイズがわからない」ってことをその時になって気づきました。
慣れない買い物は怖いですね。
その日はしぶしぶ帰り、散々迷った挙句、彼女とのデート中にさりげなくサイズを聞いて、次の日すぐに購入しました。

そして、1週間後(結局8月になってしまいましたが・・・)に無事渡すことが出来、今でも大切に使っております。
あの時の何とも言えない感情は、今でも忘れられません。

関連記事